お問い合わせはこちら

グループホームとは

グループホームとは、障がいのある人が日常生活上の介護や支援を受けながら共同生活を行う小規模の住居のことです。

グループホームで暮らす人に対し、食事や掃除、入浴などの日常生活を送るうえで必要なサポートを提供し、地域の中にある共同生活住宅で暮らし自立を目指していきます。このサービスは「共同生活援助」と呼ばれ、障害者総合支援法が定める「障害福祉サービス」の一つです。この共同生活援助のことを通称としてグループホームと呼びます。

グループホームの種類

グループホームには下記の3種類がございます。

共同生活援助

障害者支援法に基づく障害者福祉サービスで、障がい者を対象としたグループホームです。

認知症対応型共同生活介護

認知症の高齢者を対象としたグループホームです。

小規模住居型自動養育事業

ファミリーホームとも言います。こちらは子供を対象としたグループホームです。

対象となる方

障害者総合支援法が定める「障害者」に該当する人が対象者です。

  • 身体障がいの方
  • 知的障がいの方
  • 精神障がいの方
  • 65歳に達する前日までに障害福祉サービスを利用したことがある方
  • 65歳に達する前日までに障害福祉サービスに準ずるサービスを利用したことがある方

このような方にご利用いただいております

  • 仕事でのストレスやいじめでうつ病と診断された方
  • 先天性の知的障がいと認定された方
  • 交通事故などで身体に障害を持った方

グループホームの期限

グループホームには以下の入居期限があります。

滞在型

入居期限の制限がない。

通過型

3年間の利用制限がある。

上記には、一戸建てタイプやアパートタイプ、マンションタイプがあります。

グループホームの条件

グループホームに該当する住宅は限られます。

  • 市街化区域である
  • 1部屋の居室部分が4.5帖(7.43㎡)以上である
  • 戸建タイプは4部屋以上
  • 建築確認申請書類がある
  • 増築、改築などの場合は適法に建てているか
  • 新耐震基準(昭和56年6月以降)の建物

就労移行支援施設

一般企業への就職と職場定着をサポートする施設を就労支援施設と言います。下記のようなプログラムがあります。

  • パソコンの知識や入力仕方を学びます。
  • 履歴書の作成を支援します
  • 就職活動のサポートが受けられます。
  • 就職後、安定して働き続けるために支援を受けられます。(就労定着支援)
  • 職場で通用するコミュニケーションスキルを学びます。
  • 社会人としての基礎力の習得

障がいを持った人が社会の一員として自立するための制度に就労継続支援があります。

就労継続支援施設

就労継続支援にはA型とB型があります。A型は雇用契約があり、65歳未満。B型は雇用契約なしで年齢制限もありません。

仕事内容
パソコンのデータ入力

商品の梱包作業

清掃作業

カフェやレストランのホールスタッフ

商品のパック詰め出荷作業など

福祉の輪では

 

タイトルとURLをコピーしました